【仕事が速い人のタスク処理メソッド】デスクの上には1つの仕事

今回は仕事が速い人のタスク処理メソッドである「デスクの上には1つの仕事!」の内容について簡単にまとめておきたいと思います。

結論は「たくさんの仕事をデスクに出すのはNG。デスクでは1つの仕事に集中せよ!」ということです。

【仕事が速い人のタスク処理メソッド】デスクの上には1つの仕事

デスクをきれいにした方がいい理由

まず結論ですが、デスクの上にものをおかないようした方がいいです。その理由は目の前の仕事に集中するためです。

仕事の速い人の机は整理整頓されていることが多いです。例えば何か探し物があるときに、「あれ、どこいったけな」と言うようなことが増えれば増えるほど、無駄な時間が増えてしまいます。

つまりデスクの上には今やっている仕事だけと言う状態をキープすることができれば、いつでもトップスピードで仕事ができるようになれます。

整理整頓は仕事の切り替えにも効果大

仕事の整理整頓が仕事のスピードを上げる理由の1つに、仕事のリズムを生んでくれると言うのがあります。

ひとつの仕事が終わるたびに、机の上をきれいに片付けることで、気分を一新して次の作業に取り掛かることができます。

例えば15分で区切ったタスクであっても、1つ終わったらデスクをきれいに片付けることで、次の作業へのリズムを生んでくれます。

MEMO
デスクの上に何も残さないから、集中力が高まる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA