システム開発は「ユーザーが成長し、それを認めてもらえる舞台を整える」こと

どうも、システム開発をかじっているものです。

さて今回はシステム開発とはなんぞやと言うことについて言及したいと思います。私の独断ですので、悪しからず。大きな目線で言うと「ユーザーが成長し、それを認めてもらえる舞台を整える」ことがシステム開発だと思ったので、そのことについてまとめていきたいと思います。

システム開発は「舞台を整える」こと

ユーザーが活躍するための舞台を整えること

どの仕事でも言えることですが、特にシステム開発においては「ユーザーが成長し、それを認めてもらえる舞台を整える」ことが昨今では至上命題だと思います。

どれだけユーザーにとっていいシステムであっても、ユーザーが頑張っていることをパフォーマンスを認めてくれる仕組みや、活躍できていないユーザーに寄り添って活躍できるようにする仕組みが備わっていなければ、衰退していってしまうのではないかと思います。

どうしたらさまざまなターゲット層の人たちに、どんどんスキルアップしていってもらって、それを認めてもらえるようになるのか。それがシステム開発をする際に考える必要のあることであり、結局「舞台を整えること」なのではないでしょうか。

ユーザーを知るには現場しかない

ユーザーが活躍できるように舞台を整えるためには、それぞれのユーザーの状況を知っている必要があります。そのためには現場を調査するしかありません。なぜならユーザーは現場にいるからです。開発現場にいるわけではありません。

例えば有名な言葉で言えば「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」と言うやつです。あくまでも現場に行かなければ、ユーザーの状態を知ることはできません。

ユーザーが何を求めていて、どんなことで困っているのか、これらを吸い上げることができなければ、ユーザーが成長し、それを認めてもらえるシステム開発はきっと難しいでしょう。

ユーザーに気を配る

ではどうやってユーザーの状況を知るのかと言うことですが、結局ユーザーにどれだけ気を配れるかと言うのがポイントではないかと思います。例え現場に行ったとしても、ユーザーに興味を持たないことには、ユーザーを知ることはできません。

オンライン上では数字でしか表されなくても、リアルでは一人一人の人間です。その一人一人にどうやって気を配るか、アプローチできるかと言うのは大切ではないでしょうか。

これは別にオンラインでなくても、リアルの仕事でも一緒ですよね。あの人ちょっと今日体調悪そうだなとか、顔色悪いね大丈夫とか、こういった声かけができるかどうかです。

これをオンライン上でユーザーに行えるかどうかは別にして、ユーザーが苦しんでいる時、困っている時に助けてあげられるようなシステムは必要なんだと思います。

これらを整えることができてこそ、ユーザーが成長し、その活躍を認めてもらえる仕組みが実装できるのだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA