ハイセンスで電子ドラッグなYoutube channel「シラフ知らズ」

どうも!今回は動画自体が少し依存性のあるYoutubeチャンネルを紹介したいと思います。

「シラフ知らズ」というYoutubeチャンネルです。動画の内容は「麻薬等の薬物に関すること」「世界を震撼させた事件・事故」などについてがほとんどです。

この「シラフ知らズ」さんは、ハイセンスに動画をまとめてくれているのと、BGMがかっこよくて気に入っています。今回は「シラフ知らズ」について、動画の紹介と感想についてまとめておこうと思います。

シラフ知らズの動画について

薬物についてまとめられている動画は「薬物の説明と効果」、「使ったときの感覚」、「ドラッグの相対的な危険度表」、「ドラッグの特徴を一言で」といった形で動画は構成されています。

MEMO
まるで自分で使ったことがあるような話しぶりの薬物の体験談について、若干怖さも感じます。

私は薬物についての知識はほとんどありません。ですがこれらの動画では、各種薬物について詳しく調べられているように感じます。

薬物の多量摂取による死亡者数のグラフや、薬物の詳しいデータが、シンプルに説明されています。動画の時間も3分ほどと短く、サクサク見れます。

多様な種類のドラッグについて紹介されています。全く聞いたことのないような、薬物がたくさんあることに驚きました。現状の動画数は50本くらいです。

「シラフ知らズ」に興味が出たきっかけ

世界一周旅行で、麻薬に近づいた経験があるのがきっかけです。現状はタイが麻薬王国になっています。フィリピンのセブ島でもシンナーを吸っている子たちや、注射器が落ちている場所にいったこともあります。

あるいは南米だと、高山病の対策にコカ茶というお茶をのむことがあります。これも麻薬の「コカの葉」を使っているものです。なので麻薬って結構身近にあるんですよね。アメリカでもロサンゼルスとか麻薬すごいですしね。

そういう意味では、世界一周旅行にでて、日本にいたときよりもかなり麻薬に近づいたなと思います。そこで「薬物」というものがどういうものなのかということに興味を持ったと思います。

「シラフ知らズ」の動画の感想

ハイセンスで高クオリティな教材

動画ですが主に白黒のハイセンスな動画のまとめられかたをしています。加えてBGMがかっこいいです。

動画のテンポもよくて、サクサク見れてしまいます。ちょっと思ったんですが、このクオリティなら、薬物の危険性を伝える教材としても使えるんじゃないかなと思うんですよね。

取り扱っている内容がドラッグのような依存性

こういったドラッグの内容というのは、もちろん詳しくは学校で教えてもらえない内容です。格闘技や、ヤクザの映画などもみることがあるんですが、それ自体に少し依存性がありますよね。なんというかドラッグという内容自体に少し依存性があるように思います。

もちろん自分でやるわけではないんですが、興味があるというんですかね。そういう分野をうまく使っているYoutubeチャンネルだと思います。

まとめ

私自身は薬物はやったことがなく、どいういうものなのか全く知りません。ただ、知識として、薬物をしてしまうとヤバいことが起こるということは、この「シラフ知らズ」のYoutubeチャンネルをみて、よくわかってきました。

薬物のオーバードーズで毎年多くの人がなくなりますが、それは薬物の危険性への知識がないからというのも大きな理由かもしれません。薬物への知識と、薬物へ近づかないということが、大切なんだろうと思います。何事にも表と裏がありますね。