緊張したり不安になったりした時は深呼吸

誰でも緊張したり、不安になったりすることはありますよね。そんな焦りの気持ちを解消する方法が、深呼吸です。今回は深呼吸について簡単にまとめておきたいと思います。

緊張したり、不安になったりした時は深呼吸

呼吸が浅い時は緊張している時

緊張したり不安になったりすると、無意識のうちに体が強張って、呼吸が浅くなります。他にも時間に追われて焦っていたり、感情が苛立ったりしていても呼吸が浅くなりがち。

まずは呼吸が浅くなっていることに気づくことが大事です。

深呼吸して深い呼吸に

逆に穏やかな時、リラックスしている時は深い呼吸になっています。体が緩んでいるからこそ、大きく息を吸い込めるんですね。

だからこそ呼吸が浅くなっていると感じた時は、深呼吸してみてください。そうすることで、息を吸い込んで吐くために、体が緩みます。

自分ができる範囲のスピードで構いませんが、1回の呼吸に30秒くらいかけてゆっくり行ってみるのもおすすめです。

お腹に手を当てて深呼吸

お腹に手を当てることで、吸う息とともにお腹が膨らんでいくのを感じることができます。呼吸が深まると感じていた不安や、焦りの気持ちが少しずつなくなっていくのを感じることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA