挑発・嫌味・イジリへの対処

どうも、しんじです。

突然ですが、皆さんは挑発されたり、嫌味を言われたり、愛のないしょうもないイジりに対してどのように対処していますか?

言われて愛想笑いしている人も多いと思いますが、内心嫌だからやめてほしいと思っている人も多いと思います。そこで今回はそういった嫌なことに対しての対処方法について考えたことがあるので、まとめておきたいと思います。

挑発・嫌味・イジリへの対処

結論

まず今回の結論ですが以下の通りです。

  • 言われてから無言になること
  • なかったこととして無視してしまうこと
  • とにかくその場を一度離れること
MEMO
究極的な話をすると、嫌なことを言ってくる人と付き合わなくてもいいように、自分自身の手で環境を構築していくことが大切です。

何が問題か

挑発や嫌味、しょうもないイジりに対して怒りをあらわにしてしまい、暴言を吐いてしまうことが問題です。なぜならそのせいで敵を作ってしまったり、冷静に判断することができず、本当の問題を検証できなくなってしまうからです。

例えば、何か議論をしていたときに、あからさまに「お前バカなの?」と言われて挑発されたとします。こんなことってあまりないと思いますが、相当イラつきますよね。

その時に一番良くないと思うのは、こちらも挑発に応じてしまって、暴言を吐きあって罵り合ってしまうというものです。だってお互いに罵り合うのは悲しいですし、やっぱり敵は少ない方がいいですから。

このように相手の嫌味や挑発に対して、こちら側が怒りの感情をあらわにしてしまうことで、いらない罵り合いを引き起こしてしまうことが一番の問題だということです。

対処法

おすすめなのは「無言になること」です。もしできる状況なら「無視するのもOK」です。なぜならそれが一番こちら側のミスが少なくて済むからです。また無言になって、突発的な怒りからくる暴言を抑制できるということもあります。

例えば嫌味を言われた時に、うまく言い返すのという方法を紹介している人もいます。確かにうまく言い返せたらそれが一番いいでしょうね。しかしですね、うまく言い返せないから困っているのではないでしょうか?

もしうまく言い返すのに自信がないということであれば、何か言われたら無言になること、あとはその話題はなかったことにして無視してしまうことをすすめます。

MEMO
ちなみにいつでも逃げ出せるような工夫をしておくというのもあります。例えば面倒な人に関わりそうになったら、自分に電話がかかってくるようにして、その場を切り抜けるというようなものです。

まとめ

というわけで今回は嫌なことを言ってくる人に対しての対処についてまとめてみました。

結論から言えば、とにかく怒りを感じることに対して、すぐに反応するのではなくて、一旦時間を取れるようにするということです。その方法として無言になる、席を立つ、無視するがあります。

自分に合う方法を探して、対処できるようにしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA