curlのオプションについて

たまに出てくるcurlのオプションを毎回調べているので、そちらをちょっとまとめておきたいと思います。

curlのオプションについて

-sS

進捗はいらないけどエラーは表示する

-o

ダウンロードしたデータをファイルとして保存する。

curl 鍵のURL | apt-key add –

URL先の公開鍵のデータを出力して、|(パイプ・バーティカルバー)を通して、出力を入力に切り替えて、apt-key add – の’-‘にその公開鍵のデータを入力している。結果apt-keyに追加されている。

これDockerfileとかの記述で出てきていて、なんだろうと思ったので、調べてみました。最後のハイフンは標準入力を示しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA