フロップでビッグハンドをヒットさせた時vol.16【多人数、OUT、主△、WET】

どうも、しんじです!

今回はウェットなボードかつ、多人数ポットの場合に、フロップでビッグハンドができた時の適切なアクションについて考えていきます!

ここではゲームへの参加者が3人以上のポットを多人数ポットと定義します。

フロップでビッグハンドをヒットさせた時

状況

  • ビッグハンド:フロップでトップツーペアや3カード以上のハンド
  • 多人数ポット:2人のヘッズアップのポットではなく、参加者が3人以上のポット
  • アウトオブポジション:相手より先にアクションする必要がある、不利なポジション
  • 主導権の有無は問わない:主導権が自分にあるか、相手にあるかは関係ない
  • ウェットなボード:フラッシュやストレートが見えるボード

あなたは不利なポジションにいて、あなた以外の2人以上のプレイヤーがゲームに参加しています。フロップでビッグハンドをヒットさせましたが、ボードは嫌な感じでウェットです。

具体的な状況

ミドルポジションのプレイヤーがリンプイン、ボタンがレイズ。あなたはSBにいてハンド99でコール。BBとミドルポジションのプレイヤーも同じくコール。

 

それ以外は全員フォールドして4人参加のポット。フロップはAc-Ts-9sとなり、あなたにはセットができた状況。

MEMO
普通はこのような状況にはなりません。かなりルースなプレイヤーが多いテーブルで起こります。

アクションの結論

  1. 自分はチェックして、相手からのベットに対してチェックレイズする。

ここでのアクションの結論は、チェックレイズ前提でチェックすることです。

自分に主導権があってもなくても、チェックします。たとえ自分に主導権があっても、後ろに控えるプレイヤーが多いため、あなたのチェックは自然なプレイに見えます。

相手のベットに対してレイズすることで、ターンにカードが落ちる前に決着をつけることができます。

MEMO
ターンにカードが落ちると、状況が複雑になる可能性があるので、なるべくフロップで決着をつけられるようにプレイしてください!この状況でもしオールインできるなら、オールインしてしまう方がいいです。

もし自分からベットしていって、相手にコールされた場合を考えてみます。もしターンにウェットなカードが落ちると、かなり難しい判断を迫られる可能性があります。

まとめ

というわけで、今回は多人数ポットかつウェットなボード時の、ビッグハンドのあつかい方について学びました。

この状況ではチェックレイズ前提で、チェックします。出来るだけはやい段階でハンドを終わらせるようにします。スロープレイはしてはいけません。