フロップでビッグハンドをヒットさせた時vol.13 【ヘッズ、OUT、主なし、WET】

どうも、しんじです!

今回はウェットなボードでポジションも主導権もない時に、ビッグハンドをヒットさせた場合の適切なアクションについて考えていきたいと思います。

フロップでビッグハンドをヒットさせた時

状況

  • ビッグハンド:フロップでトップツーペアや3カード以上のハンド
  • ヘッズアップ:マルチウェイではなく、2人でポットを争っている状況
  • アウトオブポジション:相手より先に行動しなくてはならない不利なポジション
  • 主導権なし:相手がオリジナルレイザーで、主導権がない
  • ウェットなボード:ドローが考えられるカードの結びつきが強いボート

主導権もない、ポジションもない状況です。そんな中、あなたはフロップでビッグハンドをヒットさせましたが、ボードはかなりウェットです。

具体的な状況

アーリーポジションの相手からレイズ、あなたはハンド99、ポジションはBBでコール。

 

それ以外は全員フォールドしていて、ヘッズアップ。フロップはAh-Ts-9sとなり、セットができた状況。あなたのターンです。

注意
このボードはストレートドローもフラッシュドローもあるかなりウェットなボードです。ターンで落ちるカードによってセットでも危なくなる可能性が強いです。

アクションの結論

基本的には自分に主導権がないので、チェックでするのが適切なアクションです。そして相手がC-betしたらチェックレイズします。

ここであなたがチェックすることは極めて自然なプレイです。そして自然な流れでチェックレイズまでセットアップできます。

ウェットなボードの場合、フロップでチェックレイズすると、ターンにカードを落とす前にオールインできる可能性があり、意思決定としては一番簡単になります。

MEMO
フロップであなたからベットして、相手にコールされた場合、もしターンにウェットなカードが落ちると、自分のハンドが勝っているのか負けているのかの判断が難しくなって意思決定が困難になります。

まとめ

今回はウェットなボードにおいて、ポジションも、主導権もない場合の、ビッグハンドの取り扱いについてまとめました。

自然な流れでチェックレイズをセットアップできるのが、この場合の強みです。ボードがウェットな場合は、ターンで判断が難しくなる場合が多いので、なるべく素早くハンドをプレイする必要があります。