フロップでビッグハンドをヒットさせた時vol.9【多人数、IN、主なし、DRY】

どうも、しんじです!

今回は多人数のポットで、主導権がない場合に、ビッグハンドをヒットした時の適切なアクションについてまとめていきます!

フロップでビッグハンドをヒットさせた時

状況

  • ビッグハンド:フロップでトップツーペアや3カード以上のハンド
  • 多人数ポット:2人のヘッズアップのポットではなく、3人以上のポット
  • インポジション:相手より後に行動できる有利なポジション
  • 主導権なし:相手がオリジナルレイザーで自分に主導権がない
  • ドライなボード:ドローハンドなどが考えられないボート

主導権がないマルチウェイのポットで、ビッグハンドをヒットさせた時のことについて考えてきます。

具体的な状況

アーリーポジションのプレイヤーがレイズ。その後2人のコーラーが現れ、あなたはボタンで99をコール。

 

それ以外は全員フォールドして、4人参加のポット。フロップはAc-9d-3hとなり、セットができた状況。自分に主導権はなく、相手のターン。

MEMO
アーリーポジションのオープンレイザーには、強いハンドが入っていることが推測できます。またスクイーズをしようにもコーラーが多くなっているので、99でフロップを見に行くという判断をしたらフロップがヒットしたということです。

アクションの結論

オリジナルレイザーがフロップでも主導権を維持するためにベットしてきた場合

一般的にはフラットコールが適切なアクションです。例外的に、プレイヤーAのベットに対して、誰かがコールしている場合はレイズした方が適切です。

MEMO
自分より前にベッターとコーラーがいる場合は、リレイズした方がいいです。

ドライボードにおけるオーバーコールは、相手プレイヤーにあなたが非常に強いハンドを持っていることをアピールすることになるからです。

オリジナルレイザーが主導権を放棄してあなたまでチェックでまわった場合

ここではベットするのが適切なアクションです。

アクションの根拠

主導権を保持しようとしてきた場合

この状況でオリジナルレイザーであるプレイヤーAがC-betして、BとCがフォールドしたとします。

プレイヤーAとのヘッズアップの状態になっています。ここでリレイズなどをしてしまうとおそらく相手にフォールドされてしまいます。

ここでフラットコールすることによって、相手がターンでのセカンドバレルを打ってきてくれる可能性もあります。


プレイヤーAが多人数相手にC-betして、誰かがコールしてきた場合は、自分のアクションでレイズした方がいいでしょう。

もしコールした場合、あなたのハンドは不自然なまでの強さを伝えることになります。逆にリレイズした場合は、相手からするとスクイーズを狙っているかのように映って、ハンドが弱く見られる傾向があります。

つまりリレイズすることによって、相手によりチップをポットに入れてもらうことが出来るわけです。

主導権を放棄してきた場合

本来主導権を持っているプレイヤーがC-betするものですが、今回はチェックでまわってきた場合を考えます。

これは相手プレイヤーの誰かにも強いハンドが入っていて、ボタンベットに対してレイズしようとしている可能性があります。

この相手のトラップにのることによって、最大のバリューを引き出すことができます。だからここでボタンベットした方がいいのです。

もしチェックをしてしまった場合は、ターンでAKやAQをもった相手がベットしてきて、それをあなたがレイズして、ほとんどの場合、それで終わってしまいます。

まとめ

というわけで今回は、マルチウェイのポットで、主導権がない場合の適切なアクションについて考えました。

これらの多人数ポットの考え方は、2つの考え方に基づいています。

  1. ヘッズアップと同じ状況になることがあるので、その時の戦略を使うこと
  2. 相手がブラフだと思うようなアクションを行うこと

こうすることでどのような状況においても、バリューを最大限にすることが出来ます!