成都から東チベットへ!成都のホステルで情報集め

你好!ゆみです!だーーいぶ更新をさぼっていましたごめんなさい!!この10日間何してたかというと、東チベットを回っていました!

何の前触れもなくブログの更新がなくなり、「死んだか拘束されたんじゃないか…」と、何人かから連絡をいただきましたが、生きています(笑)

もう中国こないよね、と思っていたのに、こんなにも早く中国にまた戻ってくるなんて、思ってもいませんでした…笑

またなんで東チベットへ行くかって??なんででしょうねぇ。フィーリングですよ。いわゆるあれですね。

呼ばれたんですよ。

東チベットへの情報集め

この10日間のことを、かなり駆け足で今日からアップしていきますね^^まずは、東チベットへ行くための拠点となる、成都へ向かいます。

ネットによると、「Hello Chengdu Guest House」という宿が、東チベットへ行く人の拠点になっているとのこと。ということで、その宿に向かいます。

成都空港から市内へ

空港から市内までは、シャトルバスが出ています。到着ゲートを出て右の方に進んでいくと、市内まで走っているシャトルバスのチケット売り場が見えてきます。

f:id:shinjia305:20170530224934j:plain

f:id:shinjia305:20170530224648j:plain

1号にのり、2つ目の停留所、「省体育館」で降り、地下鉄に乗り、前鋒路へ向かいます。そこから歩いて5分もかからないくらいで、「Hello Chengdu Guest House」につきます。

Hello Chengdu Guest House

f:id:shinjia305:20170530223659j:plain

さて、東チベットへ行くための情報ノートがあるらしいので、それを探す。探す…見当たらない…。

消えた情報ノート

宿のスタッフ(そこそこ日本語が話せる)に、情報ノートはどこかと尋ねてみる。「あーあれね、なくなったんだー。だから、新しいの作った!」

え?なくなった?だから新しいの作った??どゆこと???そのスタッフが一冊のノートを取り出してきた。

中身は…

f:id:shinjia305:20170530224225j:plain

これだけ。

うそやーん!!この宿にきた意味!

日本語の話せるスタッフも、東チベットに関しては何も知らず…後から聞いた話ですが、「Hello Chengdu International Youth Hostel」が、東チベットへ行く旅人の拠点になっていたのは、もう5〜10年前の話。

今ここに行っても、なんの情報も得られません。

地球の歩き方は、全巻揃ってるんじゃないかってくらいありましたが、私たちが欲しいのはそれじゃないー!じゃあどこで情報を得るか。

ミセスパンダホステルのとくださん

「ミセス パンダ ホステル」へ行ってみましょう!

そこに「とくださん」という日本人の方がいて、その人(東チベット旅行会社という旅行会社を、ミセスパンダホステルの中に構えています)がキーパーソンです。

私たちは、彼を訪ねて情報を教えてもらいました。もう10年ほど中国に住んでいるらしく、中国語ぺらぺら、東チベットだけでなく、中国のことはこの人に聞いたらなんでもわかるんじゃないかっていうくらいなんでも知ってました笑

ということで、東チベットに関する情報を求めるなら、ミセスパンダホステルへ行きましょう🐼

f:id:shinjia305:20170530224553j:plain

とくださんに教えてもらった情報をもとに組んだルートはこちら。

成都→ダンバ→ルーフォ→ガンゼ→リタン→ガンディン→成都

、上記の日程を10日間で回ることに。情報と地図、バスチケットをゲットし、準備は万全!さあ、どきどきわくわくの東チベットの旅が始まります!!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください