セブ島観光!オスロブでジンベエザメからカワサンの滝へ

トランジットゲストハウスのヤスさんに、「計量カップがなくても、お鍋でおいしくご飯を炊く方法」を伝授していただき、テンション上がりすぎて、すぐお米を買いに行ってやってみたら、見事美味しくご飯が炊けたよ!

ゆみの旅レベルがまた一つ上がったヨ!どうも、ゆみです。これね、本当に大事よ。まじで美味しくご飯たけてむっちゃうれしかった~やっぱり私たち、日本人だねって、再確認しました。(笑)

セブ島のオスロブでジンベエザメと泳ごう

さて、そんな今日は、セブ島といえば!!

ジンベエザメと一緒に写真を撮れる場所があるんです!!」

場所

f:id:shinjia305:20170515192448j:plain

場所は、「オスロブ」というところ。セブ島の南の方。バスで4時間。おしりぶっ壊れました(´;ω;`)ww

注意点

ちょっと問題があるんですが、それはオスロブを訪れる時間なんです。そもそもなんで、このオスロブという場所に野生のジンベエザメがいるかというと、地元の人たちがジンベエザメに餌付けしているんです。

もちろん野生なんだけど、午前中8時くらいから餌をあげ始めて、ジンベエちゃんたちがそれを食べに集まってくるんです。それに合わせて観光客たちを呼ぶという、なんとも動物団体がいちゃもんつけてきそうなやつですね。

だから、ジンベエちゃんたちはおなか一杯になったら、帰って行っちゃうんです。だからあまり遅い時間にいっても、ジンベエちゃん達にはあえません。

ちなみにセブシティからオスロブまで、バスで3~4時間。ということでジンベエちゃんに会いたいなら、朝4時のバスに乗りましょう。

行き方

オスロブ行きのバスは、セブシティの「South Bus Terminal」からでています。バスターミナルまでタクシーかバイタクかで行きます。そしたら、そこら辺にいる人に「オスロブ!」といえば、乗り場を教えてくれます。一応30分間隔でバスはでているようだったので、4時半のバスでも間に合うかな?という感じです。

バスはエアコン付きか、エアコンなしか、選べます。エアコン付きは、冷蔵庫の中かと思うほど寒いが、お尻は痛くなりませんでした。

エアコンなしは、外から風は入ってきて温度は快適かな?ただ、お尻痛くなるし、私は窓側に座っていたので、砂ぼこりで髪の毛がスーパーサイヤ人みたいになってしまいました。

MEMO
セブシティ→オスロブ(エアコン付き)一人180ペソ

オスロブに到着すると、バスのうんちゃんが「オスロブ!Whale Shark!」と言ってくれるので、そこで降りましょう。降りると、たくさんのジンベエ観光用のツアー会社が軒を連ねています。

観光にかかった料金

  • ツアー代1000ペソ(シュノーケルセット、ライフジャケット含む)
  • 入場料(環境費?みたいなもの)100ペソ
  • 水中カメラレンタル代550ペソ

合計で1650ペソでした。だいたいどこのお店もこんなかんじでした。

「フィン(100ペソかな?)も借りなよ!深く潜れるていい写真が撮れるぜ!」と言ってきましたが、ガイドのおっちゃんが思いっきり頭を押して潜らしてくれるので、借りなくても大丈夫。

ジンベエツアー

そんなこんなでツアーを申し込み、着替えて海へ!海にたどり着くと、もう会場にはいくつも船が出ていて、ジンベエちゃんが餌をパクパクしてました!!!

f:id:shinjia305:20170515194530j:plain

ネットで下調べしてるときに、「おっちゃんがスパルタだった」という声をたくさん見ましたが、私たちの担当のおじちゃんたちは、とっても楽しく写真を撮ってくれました^^

f:id:shinjia305:20170515194641j:plain

もちろん、何回も頭を水中に押し込められて、笑顔で写真を撮る、みたいのを繰り返す、みたいなかんじです。海水飲んじゃうこともしばしば。しんどい人はしんどいかもw

f:id:shinjia305:20170515194716j:plain

ニモにも会えましたよ!

f:id:shinjia305:20170515194746j:plain

f:id:shinjia305:20170515194749j:plain

MEMO
撮ってくれた写真のデータは、CDに焼いてくれるのと、SDとかUSBあればそれに入れてくれます。iPhoneとかにもいれるよ~と言っていました。
注意
ちなみに私たちが行ったのは金曜日だったのですが、土日は死ぬほど混むらしく、2,3時間待つのは当たり前、だそうです。しかも、その待つ列に並ぶためにお金を払わないといけないという謎仕様wお時間ある方はぜひ平日に。

カワサンの滝へ

ジンベエザメのツアーが終わった時間が9時・・・。夜じゃないよ?朝の9時。もう今日のメインアクティビティ終わったww早っwwってことで、近くにあるカワサンの滝へ向かうことに。

行き方

セブシティから乗ってきたバスを降りたところで、さらに南に向かうバスを待ちます。エアコンかノンエアコンかは運しだい!待っている間も、バイタクのうんちゃんが「バスは来ないよ!バイクで行ったらあっという間だぜ!」と声をかけてきますが無視。

バスは絶対来ます。

オスロブからカワサンの滝までは、バスで3時間ほど。そんな道のりをバイクで行ったら、それこそお尻壊れるわww(何回目)バスターミナルでバスを乗り換えて、カワサンの滝に向かいます。バスの運ちゃんに、「カワサンフォール!」といえば、教えてくれます。フィリピン人、基本みんな優しい!

f:id:shinjia305:20170515195858j:plain

オスロブから直接カワサンの滝に向かうバスもありますが、休憩のため一回途中のバスターミナルへとまることがあります。

f:id:shinjia305:20170515195931j:plain

わたしたちはいちどバスを乗り換えて、カワサンの滝に向かいました。

バスの運賃

  • オスロブ→バスターミナル 30ペソ(ノンエアコン)
  • バスターミナル→カワサンの滝 60ペソ(ノンエアコン)

カワサンの滝に到着するとバスの運ちゃんが「カワサン!」と言ってくれるので、そこで降りましょう。ちなみに下の看板が入り口の目印です。

f:id:shinjia305:20170515200058j:plain

入り口から2,30分ほど歩くのですが、途中までバイクで行くこともできます。ただ、マイナスイオンが出てそうな、気持ちいい道なので、歩いてもいいかもです!

f:id:shinjia305:20170515200349j:plain

f:id:shinjia305:20170515200414j:plain

途中、川で子どもたちが遊んでいました。この時点で水めっちゃきれい!!!と、テンション上がっていました!ちなみに、途中で入場料を払うところがあります。外国人は40ペソです。

f:id:shinjia305:20170515200733j:plain

f:id:shinjia305:20170515200758j:plain

カワサンの滝に到着

入場料はらってからも、しばらくあるいて、カワサンの滝に到着です!

f:id:shinjia305:20170515200859j:plain

カワサンの滝の下をくぐる「いかだ」にのるアクティビティがあるんですがもちろん有料です。

f:id:shinjia305:20170515201142j:plain

こんな感じで、滝行?みたいなのもしてくれるみたい。楽しそう。ちなみにこのテーブルも、場所代として500ペソ・・・。

f:id:shinjia305:20170515201003j:plain

水はとっても気持ちいし、マイナスイオンもたっぷりで満足♪セブに戻るには、バスを降りたところで北行きのバスに乗ればおっけ!

f:id:shinjia305:20170515201632j:plain

バス待ってる間、バイタクのおんちゃんが木の実をくれました。あんまりおいしくなかった(笑)食べてたら中から芋虫みたいのでてくるし…それを気持ちが悪がってる私たちを見て、フィリピン人爆笑

そんなこんなしてるとバスは来ました。また帰るのに4時間かかりました。バスは「South Bus Terminal」に戻ります。改めてになりますが「South Bus Terminal」までは、タクシーで行くか、ジプニーで行くかですね!

  • カワサンの滝→セブシティ 130ペソ?くらい(ノンエアコン)

久しぶりに観光!って感じの一日で、二人ともぐったり。楽しい一日でした~(*^^*)最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください