上司や年上の人に萎縮してしまって話しかけられない人へ

上司や年上の人に萎縮してしまって話しかけられないという人は多いのではないだろうか。

そこで今回は、どう対応したらいいのかについて簡単にまとめておきたいとおもう。結論は「無理に話をする必要はない。仕事を進める上で必要なことは口頭で話す」ということだ。

上司や年上の人に萎縮してしまって話しかけられない人へ

無理に仲良くなる必要はない

まず萎縮してしまって話せない人は、無理に上司や年上の人と話す必要はない。理由は性格が合わない人は、合わないし、無理に合わせようとすると辛いからだ。

例えば、怒りっぽい上司だった場合。下手に関わると自分も巻き込まれることがわかっているなら、どうしたら関わらなくて済むかを考えて行動した方がよっぽど有益だ。

上司は部下よりも人間的に成熟しているとは限らないことを覚えておこう。

どうしたらなるべく話しかけなくて済むか考える

苦手な人とは、どうしたらなるべく関わらなくて済むかを考えよう。理由はその方が気を使わなくて済むし、仕事も捗るからだ。

例えば、上司のスケジュールを把握するという方法がある。直接上司に聞けないなら、上司のスケジュールを知っている人に聞くのもいいだろう。そして上司となるべく一緒にいなくて済むような行動を取れるようにする。

とにかく物理的にどうやったら上司と距離を取れるかを考えることだ。

大切なことはやはり口頭で話をする

ただし仕事上でどうしても大切なことは、上司と口頭でやりとりするようにしよう。理由はそうしなければ仕事が進まないし、メールでのやりとりだと齟齬が生まれやすい場合が多いからだ。

例えば上司から言われていた仕事がうまく進まなくなる可能性がある時は、必ず口頭で上司に報告するべきだ。こういったことをしていかないと、上司も気が気でないし、仕事もうまく進まないはず。

だから勇気を出して、大切なことは口頭で伝えるようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA