【漫画・感想】ブルーロックがおもしろい

どうも、しんじです。

今回は漫画の紹介です。ブルーロックという漫画です。ちょっと感想をまとめておきたいと思います。

ブルーロックはサッカーを題材にした漫画です。

簡単なあらすじを説明します。高校生300人ほどを一箇所に集めます。そしてサッカーでバトルロワイヤルさせます。生き残った1人が最強のストライカーというストーリーです。

【漫画・感想】ブルーロックがおもしろい

成長がすごい

ブルーロックの一番面白いところは、主人公の成長がすごいことです。

バトルロワイヤルを行うことで、主人公がどんどん才能を開花させていきます。打ち勝っていく姿がかっこいいです。弱肉強食の世界を目の当たりにさせられます。

奇抜な発想

試合中に主人公によってもたらされる奇抜な戦術が面白いです。読者を置いてきぼりにするような柔軟な発想です。

なぜか最強チームに挑む癖がある主人公。そこで生き残るために才能を開花させていきます。

中には読者をびっくりさせてくれるような発想を感じました。というか作者の人がすごいです。

スーパーサイヤ人化が心配

登場人物がスーパーサイヤ人化してきている気がして、ちょっと心配です。というのは、強さがインフレしてしまうと、この手の漫画は面白くなくなってしまうからです。

このまま進むと、ゴールキーパーがそのままゴールにシュート決めるみたいなことが起きそうな気がしてます。今までにはないサッカー漫画になるのかどうか。注目しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA