体の感覚に従うのが吉

今日は体の感覚に従うのが吉という話です。体の感覚を無視していると、必ず負荷がかかってしまうので、それを極力減らしましょうということです。

体の感覚に従うのが吉

体の感覚を感じとる

まずは体の感覚を感じ取れなくてはいけないです。年齢とともに体の感覚は衰えていくので、マインドフルネスのボディスキャンを使って、体の各部位の感覚をしっかりと感じ取ります。

体の感覚を観察する

色々な感覚があると思いますが、その感覚を否定もせず、肯定もせず、観察します。何も感じなかったら、それでも構いません。それを観察します。

体の感覚に従う

例えば極端な例ですが、吐きたいと思ったとします。その時は、その感覚に従います。眠たいと思ったとします。そうしたらその感覚に従います。そうやって、体を整えていきます。

体のいう通り、まずやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA