自分を守るための戦略的行動

どうも、しんじです。

今回は自分を守るための戦略的行動と題して、3つのポイントを紹介したいと思います。相手との関係を少しドライにさせたいと思っている人に、おすすめの方法です。

自分を守るための戦略的行動

反応を減らす

まずひとつ目のポイントは、反応を減らすということです。これは「相手からのアプローチ」に対して、対応しないことを増やすという意味です。

例えば、あなたが相手から声をかけられたとします。それに対して「はい!」と、すぐに反応をしていたとします。それやめましょうということです。

具体的にはワンテンポ遅らせて反応するようにします。声をかけられてから、「……はい。」という感じです。もしくは集中していて聞こえなかったフリをするという技もあります。

ただ無視というのは、相手に対してインパクトが強いです。多様は禁物です。例えばイヤホンで音楽を聴いているとか、ヘッドホンを常につけておくという手もあります。

基本的には、相手が話しかけてきた時、すぐ反応しないようにしましょう。これを繰り返すことで、相手も面白くなくなり、アプローチも減っていくはずです。

言葉を減らす

2つ目のポイントは、言葉を減らすということです。言葉を減らすというのは、自分から相手に話しかける回数を減らすという意味です。

例えば、今までは相手と話している時に、自分から質問をしていたとします。この場合、会話が弾んでしまいますよね。相手との距離を取りたいと思うなら、質問を少なくしましょう。

また他にも自分から話しかける回数を減らしましょう。ただ全く話しかけないということはできないと思います。必要最低限、話すようにしましょう。

接点を減らす

3つ目のポイントは、接点を減らすということです。接点を減らすというのは、相手と同じ空間にいる時間を減らすということです。

例えば、お昼ご飯や、職場でもずっと一緒にいたとします。まず一緒にお昼ご飯に行くのを、やめてみるといったことです。こうやって接点を減らしていきます。

結果として、相手と一緒にいる時間が減ります。そうすると、相手との距離を取ることができるようになります。結果として自分の身を守ることにもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA