子どもの噛みつきに対して

子どもの噛みつきに対して

結論

もし人に対するどの部分においても、噛むという行為は禁止する。

今回の背景

  • 痛くないものについては、噛むことを認めていた。
    • 例えばズボンの紐、ボタンなど。
  • 子どもからしても、どれなら噛んでよくて、どれなら噛んではいけないかがわからない状態だった。
  • テンションが上がって、楽しくなったりすると、噛んでしまう状態だった。

これから

  • 人の体に関連する部分を噛むことは、禁止する。(この部分の徹底を妻と行う)
    • まず噛んでしまったら、噛みたくなっちゃったねと感情に寄り添う。
    • でも冷静にやめてほしいと伝える。
    • やめてもらったら、ありがとうと伝える。
  • 基本的に眼には目を、歯には歯を戦略は良くないかもなと思うので、わかってもらえるように話をする。
  • 自分自身も、知識のアップデートを行わないといけない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA