AWS IoT Eventsのステートマシンの変化時間をRubyで取得する

AWS IoT Eventsのステートマシンの変化時間をRubyで取得する

結論

  • AWS IoT Eventsのステートマシンの変化のタイミングは「eventTime」に記録されます
  • ただミリ秒単位なのかちょっとわからず、Rubyだと少し成形してあげて、時間として取得できます
    • 具体的にはeventTimeは13桁の数字なのですが、使うのは10桁なので、例えば以下のような感じで成形します。
    • body[“eventTime”].to_s.slice(0,10).to_i # bodyにはハッシュの形で、情報が入ってます。
  • あとはTime.at()を使ってミリ秒を時間の形で表示します。
    • Time.at(1234567890)  # =>  2000-01-01 14:00:00 +0900

結構時間かかってきつかった、、、です。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA