IoTエッジデバイスから送信されるデータをAWSで受け取る時のシステム構成

IoTエッジデバイスから送信されるデータをAWSで受け取る時のシステム構成

結論

通常

  • エッジデバイス→IoT Core→TimeStream(DynamoDB)→その他AWSサービス
    • エッジデバイスにはIoT Device SDKなどが必要

もしエッジデバイスからのデータ量が多い場合

  • エッジデバイス(数千データ/秒など)→IoT Core→Kinesis→TimeStream(DynamoDB)→その他AWSサービス
    • Kinesisを挟むことで、大量のデータに対応できる(自動でスケールできる)
    • 直接IoT CoreからTimeStreamに書き込むよりも安価にできる可能性もある
      • どの程度のデータ量になりそうか事前に判断して、計算する必要がある

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA