質問に対して堂々と答える方法

どうも、今回は質問に対して堂々と答える方法について考えていきたいと思います。

質問に対して堂々と答える方法

結論

質問されたら、次のように実施する。

  • まずは相手の質問を理解できているか確認をするための質問を行う。「〜という意味であってますか?」
  • 続いて自分の理解している範囲を話す。基本的には進捗を説明する。「ここまで決まっています。ここからはこれから決める予定です。」
  • わからなければ、わからないと堂々と答え、調べておきますと伝える。「調査していなかったので、ちょっとわからないです。調べておきます。」

※これができる時もあるし、できない時もあるので、ケースバイケースですが。とりあえずこういった方法はあるということを覚えておくだけでも良いのかなと思います。

ポイント

まず大前提として、全部の質問にすぐに答えられる人はいませんという話です。

だから質問が来たときに、堂々と相手が求めている質問に対しての、自分の知っている範囲を答えればOKです。

うまく受け答えしなきゃとか、理解できていないのに、理解できている風に話をしても、結局困るのは自分だということですね。

なので、知っていることをきちんと伝えます。

そのためには、相手の質問のいとをちゃんと理解できてるかどうかを確認します。

こういう意味ですか?と。

その前提がお互いに共有できたら、質問に対して答えます。この時は堂々としていてください。変にオドオドすると、相手からこの人大丈夫かなと思われてしまいますので。

だって知らないものは知らないじゃないですか。だから、そのタイミングで無理に知ったような口を聞く必要なんてないです。

そこはちゃんと理解しておきたいところですよね。

もしわからないことがあれば、素直にわからないので、調べておきます。後でご連絡しますでOKです。これができるっていうのは大切なことだと思います。

以上です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA