【5年前の自分へ】そろそろ怒りと真正面に向き合わないか

おいっすー。5年前の俺ー。元気かい?

なんか相変わらず、小さなことで怒鳴り散らしてるねー。

んー、ちょっと申し訳ないんだけど、はっきり伝えさせてもらうね。

そろそろ怒りと真正面から向き合わない?って話。

 

怒るときにさ、どうしてそんなに感情的になっちゃうのかな?それって、もったいないよ?

感情的に伝えてしまうから、相手には怒られたっていう印象しか残らない。逆に冷静に伝えていれば、相手も理解を示してくれるのに。

ちょっと思い出してみてほしいな。俺が尊敬している人のこと。

その人も怒ることはあったけど、怒鳴り散らしてたかな?違うよね。怒ってはいるけど、冷静だったよね。

 

ここから言えることは、怒ることはスキルだと言うこと。怒りとはコントロールするべきものなんだよってこと。

さっき怒りをコントロールするべきと言う話をしたよね。いきなり逆説的なことを言うようだけど、怒りの感情は抑えることはできないよ。なぜなら怒りは感情だから。生理的な現象なんだ。

例えば、俺がトイレに行きたいとするよね。トイレに行きたいと思うのは、生理的な現象だね。だからそれを抑えることはできない。

でもね。トイレに行くタイミングをコントロールすることはできるよ。例えば、誰かと話をしてたら、少し我慢してからトイレにいくこともできるよね。

 

怒りも一緒。

怒りっていうのは、生理的な現象のひとつ。だから抑えられないんだよ。でもね、怒りの感情の表現の仕方はコントロールできるってこと。

俺は怒りに任せて大声で怒鳴ることもできる。でも落ち着いて、状況を説明することもできる。

そして自分の怒りの感情を、相手に配慮しながら伝えることもできるんだよ。

 

さっきも言ったけど、怒りのコントロールはスキルなんだ。

だからさ怒りをマネジメントするトレーニングをしよう。おすすめはアンガーマネジメント。これを学ぼう。そして発展的なないようとして、アサーティブなトレーニングをしよう。適切に自己主張できるようになろう。

そうすれば、怒るとは何かがわかるようになる。その結果、怒りをコントロールできるようになっていくよ。

ただ現実はそんなに甘いものじゃない。決してアンガーマネジメントを舐めないこと。取り組めばわかるけど、難しいよ。一筋縄ではいかない。

 

でも今の俺は、だいぶ怒らなくて済むようになってきてる。5年間、怒りと向き合ってきたからね。怒りに対しての対処法はもちろん、怒りの知識を身につけているから。

例えば怒りを伝えるタイミングを食事中や、お腹がいっぱいの時にしてること。たっぷり寝ること。瞑想を継続的に続けること。

そうやって俺が行動を変えれば、相手にも伝わる。そして住んでいる世界がほんの1ミリずつかもしれないけど変わっていく。

改めて言うよ。怒りをコントロールするスキルを身につけるんだ。そして怒りを味方にしよう。

俺ならできるよ。期待してる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA